持続可能な社会へのパラダイム・シフトに向けた情報発信サイト

生きがいダイエット

画像の説明

生きがいダイエット

生きがいダイエットとは哲学者が勧める幸せに生きる食事法です。

なぜ哲学者が食事法を開発したのか

最近、医者や栄養士によるダイエット本がたくさん出ていますが、僕は医者でも栄養士でも料理人でもありません。食や健康というのは専門分野ではありません。では何者かというと哲学者です。長年幸せについて探求してきました。人間としていかに幸せに生きるか、いかにして幸せな社会を築くか、この二つのテーマに生涯を費やしてきました。そして幸福を追求する過程で、食の大切さに気づきました。何を食べるか、そしてどのように食べるかが、個人が幸せになる上でも、幸せな社会を築く上でも重要だと。

食事法に関する本はたくさん出ていて、中には素晴らしいものもあります。それ一冊読めば一切病気にかからなくなるような優れた本もあります。ただ、全体的に見ると、お医者さんや栄養士さんが書いた本は、医療や栄養学という観点から書かれていて、幸せという観点からは書かれていません。それもそのはずです。専門ではないからです。一流の医者であればあるほど専門分野の研究で忙しく、他の分野の本など読む暇がありませんし、幸福の探求の旅などしている時間がないのです。

そこで、哲学者だからこそ書ける幸せになるための食事法について書いてみようと思ったわけです。同時にこの本は健康で長生きするための本でもあります。ただ長生きするだけでなく、最後まで若く、健康で、生きがいを持って生きるための本です。たとえ百歳まで生きられても、最後の20年が寝たきりだったらどうでしょうか。やはりいつまでも若くいて、自由に動き回りながら最期を迎えたいですよね。いかに若さを保ち、充実した人生を送るかが重要なのです。

数年後に還暦を迎えるというのに、僕は今まで一度も大きな病気にかかっていません。健康診断でも常に完璧な結果です。見た目も若く見えます。だいたい10歳ぐらい若く見えるでしょうか。人によっては20歳ぐらい若く見えると言われたこともあります。血管年齢を測ってもらったら21歳若いということでした。そして、それには理由があります。その秘訣についても本書では紹介していきたいと思っています。

それから、これは減量のための本ではありません。英語でダイエットというのは食生活という意味です。痩せるための食生活だけを指すのではなく、あらゆる食生活をダイエットと呼ぶのです。もちろん、減量と健康は比例しているので、生きがいダイエットを実践することで痩せることはあるでしょう。ただ、これはあくまでも長く健康で幸せに生きるためのダイエットであり、減量だけを目的にしているわけではないんです。

紙版
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4991064856

kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B085MT914C

youtube紹介動画
https://youtu.be/iCFqorLAvXw

664人

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional