持続可能な社会へのパラダイム・シフトに向けた情報発信サイト

hyakurevo3

小説『百姓レボリューション3』

画像の説明

「八ヶ岳と八丈島と八坂村。八丈島で早苗ネネさんという人が太鼓を叩き、八坂村から来た喜多朗さんが八ヶ岳で太鼓を叩いた。一九八八年八月八日のことだ。そして八坂村は美麻村の隣にあって、いろいろつながりがある」
(小野寺隆)
「八坂村って、確かケンの田舎がある所だわ」
(新村かおる)
「美麻産のヘンプ。いいな。それでいこう」
(小野寺隆)

ストーリー

『百姓レボリューション2』で生じた問題も一旦は解決した。とはいえ、問題のルーツが深いために、修正していくには時間がかかる。小野寺隆たちはどうしていくのか。

そして、政府の生き残りの人たちが国を再建しようとしている。しかし、彼らの目指す再建とは、百姓ビレッジの住民を奴隷とする独裁社会だ。小野寺隆、長嶋達郎、新村ケンは新たな難問に直面する。

申し訳ありませんが、紙版は絶版となりました。
kindle版はまだ購入可能です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B072MRBJJ6

『百レボ3』発売記念メッセージ

3617人

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional